インターホンの取り付け

2020/08/28 ブログ

くらしのマーケットからの依頼で多いのがインターホンの取付です。

今はネットで購入することもできて好きな機種を選ぶことができますので取り付ける機会が多いです。

私の場合はまず機種の確認をします。これは今まで使用している機種と新しい機種が分かれば取り付けるサイズが確認できてしっかり取り付けることができるからです。

今のインターホンはほとんどがカメラ付きになっていて音声のみのインターホンからの買い替えの方やカメラ付きからの買い替えの方も多いですね。

実は配線は同じなんです。

親機(室内側)に100Vの電源を入れて子機(玄関側)に約12Vの電源を送ります。

これによりカメラが動作してボタンを押すと「ピンポーン」と玄関側も音が鳴ります。

ピンポーンの音が聞こえないと動作してるか不安になりますからね。特に一軒家などは室内が遠いと部屋のピンポーンの音は聞こえないです。

動作の電源を送ると同時に信号も同じ配線でしているのです。実際は室内と室外は2本の線だけで動作しています。これは各メーカー同じですね。

電源を送ると同時に話し声と映像も送受信していることになります。

取付の配線自体は複雑ではないのですが、電源の100Vと12Vを間違えて配線してしまうと本体が壊れてしまいます。私は経験がありませんがおそらく煙が出ます。

100Vに12Vはまだいいのですが、逆はダメですね。

基本的な電気の知識さえあれば難しくはないのですが、普段しないことをするのは不安ですね。

最近のインターホンは防犯カメラの機能もあり、ボタンの押した時点で本体に画像の記録をしたり録画の時間なども設定ができて一日中玄関先の映像を記録できる機種や外からスマホで映像の確認ができる機種もあります。

買い替えを検討されている方は当店までお問合せください。


合鍵製作、マンション鍵開け、防犯カメラ設置販売、
家電の修理、LEDテープライト等様々なサービスに対応!
スマホのガラスコーティングや時計の電池交換、switchの修理も行っています。
桜川駅、汐見橋駅、西長堀駅より徒歩5分。浪速区からもすぐ◎
カギと修理のイシデン
大阪市西区南堀江4-6-C-106号 西道頓堀ハイツ
電話番号:06-6695-7989
鍵開け等緊急のご依頼は24時間対応:090-8931-6614