温水便座の取り付け

2020/07/31 ブログ

くらしのマーケットに出店して約1か月になります。
たくさんの依頼をいただくのですが、私で対応できる依頼で多いのは温水便座の取り付けとインターホンの取り付けの依頼をいただくことが多いです。
最近はネットで簡単に本体を購入できますからね。お好きな機種を選んでいただき私が取り付けに行くというスタイルです。

 

作業は水道の元栓を閉めて一度水道管を外します。

ほとんどの家はトイレ部分の水栓を閉めるだけで作業ができますのでキッチンなどの水は出る状態です。そこに新しい分岐水栓を取り付けます。これは新しい温水便座に付属品として入っています。水道管を分岐することにより一つは貯水タンクへもう一つが温水便座に水を供給します。

貯水タンクへの水道管の長さが変わってしまうため必要であれば追加でパイプを交換します。これはメーカーや商品によって違いますね。付属品に追加用の給水用の水道管がある機種と無い機種があります。私は念のため3種類くらい用意しています。

それと元の水栓が古くなっていると水漏れする可能性があるので水栓も用意しています。

基本的にお手洗いの水栓は閉めたり開けたりしませんからね。長年開けっ放しにしていると中のパッキンが緩くなって閉めたときにポタポタ水が出ることがあります。

 

水回りの取り付けが終わると本体の取り付けです。

位置の調整をしてできるだけ台座と便座が合うように取付ます。台座が古い場合は少し便座が前に来てしまいます。どうしてもウォシュレット部分からパイプが出てくるのでスペースをが必要なんです。一番いい位置に取付をして動作のテストをしていきます。

実際に座るわけではなく手で便座を抑えたりセンサーが検知できるように手と腕を使って動作させます。ウォシュレット部から水が出て便座が温まるのを確認して作業完了です。

当店は基本車での移動ではなく自転車か、電車で移動しています。それも私には合っています。商品はお客様の家にあり私は体と工具を用意していけば取り付けることができます。お客様側も丁寧に機種の説明をメッセージで写真付きで送ってくださったり作業がしやすいです。
当店は作業の料金を少しですが下げているのもエリアを狭く確実に作業するために現在のところはこのままで行っていきます。
担当エリアにお住まいの方は是非ご利用ください。エリア外の方も曜日によっては出張可能ですのでご相談ください。


合鍵製作、マンション鍵開け、防犯カメラ設置販売、
家電の修理、LEDテープライト等様々なサービスに対応!
スマホのガラスコーティングや時計の電池交換、switchの修理も行っています。
桜川駅、汐見橋駅、西長堀駅より徒歩5分。浪速区からもすぐ◎
カギと修理のイシデン
大阪市西区南堀江4-6-C-106号 西道頓堀ハイツ
電話番号:06-6695-7989
鍵開け等緊急のご依頼は24時間対応:090-8931-6614