ipadの修理

2020/06/05 ブログ

ipad air2が電源が入らず、リンゴループになるとお預かりしました。

リンゴループとは電源を入れるとリンゴのマークが出て起動するのですが

リンゴマークの後、電源が落ちてまたリンゴのマーク・・・のような状態です。

バッテリーの交換で改善する場合があるので交換してみます。

iphoneでよく見る症状ですね。

液晶パネルを取り外していきます。

両面テープを慎重に取り外してパネルをはずします。

基板のコネクターを抜いて本体の中を確認します。ほとんどがバッテリーで小さな基盤が

あるって感じですね。

次はバッテリー自体を外します。これも両面テープで固定されているのでゆっくりはずします。無事に取れたら新しいバッテリーを取り付けます。

 

仮に取付をして液晶パネルを取付て電源を入れてみます。

電源は入りましたが、ファームウエァが更新されていなくて正常に動作しません。

パソコンに接続してデーターの消去(工場出荷状態)にしていきます。

時間がかかりますが[HELLO]の表示が出ました。一安心です。

これから設定をしていこうと思っていたら「アビリティーロック」がかかっていて

先へ進めません。アビリティーロックとは不正に使用できないようにする機能で

持ち主さんのIDとパスワードが必要なんです。

中古屋さんでも「アビリティーロック解除済!」って表示されていますね。

 

今回は持ち主さんがいらっしゃいますので解除はできました。

仮にイシデンのIDとパスワードで入ってみます。初期画面の指紋の認証やWIFIの設定の画面が出てきて設定完了です。

後は充電機能が正常か、本体の操作が正常かの確認をしていきます。

大丈夫です!今回は知り合いの方ということもあり液晶パネルにガラスコーティングも

させていただきました。画面が大きいと塗りやすくいいですね。

そのまま2.3日様子を見たのですが電池残量90%以上あり正常です。

もう一度初期化して返却する予定です。

IPHONEやIPadの修理は基本お断りしているのですが時間がかかってもいいとお待ちいただける方からはお預かりしています。

これは当店が鍵屋なので緊急の仕事がは入ればそちらを優先するからなんです。

今使用しているiphoneを預かるわけにはいかないですからね。